前へ
次へ

スクラッチアートはいつどこで生まれたの?

健康保険料や厚生年金掛け金の負担が増大しているのを感じます。毎年のように納める金額が上がり、個人負担も会社負担もかなりの金額となっています。社会保障の為ですから致し方ないとは思いますが、人口減の日本とこれからの高齢化社会を考えたところ負担する年齢層より高齢者の人口が多くなるこれからの時代に今まで通りの保障を受けられるのであろうかが心配です。働きだした30年ほど前には、社会保険は病院の治療費が掛からなかったのに今は、3割負担となり、年金もどんどん受給年齢が上がっています。自分が年金をいただける頃には何歳まで引き上げられているのでしょうか。しかし、そうは言ってもしっかりと健康保険と厚生年金を納めて社会を支えなければならないと考えています。

top用置換

top用置換2
Page Top